前へ
次へ

中国語学習にはインプットとアウトプット

日本人の学習方法は昔から頭に入れる詰め込み式です。詰め込み式の学習方法は実は忍耐強く努力家の日本人気質に合致していました。ですが非効率ではあるのです。効率的に中国語を習得する為には、インプットとアウトプットが欠かせません。インプットは頭に入れる事を意味し、単語や短い文法を覚える単純作業です。頭で理解していても使用できるかと言えばそうではありません。出す事に慣れていないので、伝え方がわからなくなります。その為、中国語学習では声に出して伝える練習であるアウトプットも重要なので。自分の声で話す内容を自分で聞いているので、インプットの質も高まり忘れにくくなります。声に出している事で話し方の練習にもなります。黙って詰め込んでいった知識は薄れていきます。これは人間は忘れる生き物なので、記憶が定着しないからです。記憶を定着させる為には、インプットと同じくアウトプットが必要です。インプットとアウトプットは資格学習の王道とも言われているので、効果は高いです。

Page Top