前へ
次へ

中国語学習では発音を気にしなくてもよい

中国語を話せる様になりたいとイメージしている将来の姿は流暢な話し方の自分でしょう。しかし発音の習得は話せる様になってから徐々に矯正していく事で十分です。中国語の発音には巻き舌のものもあり、日本人には難しいものです。発音に気を取られていると学習は遅れていきますので、最初は気にせず話せる様になる事に注力していくとよいでしょう。話せるという事は、相手に伝わるという事です。それは特に流暢でなければ伝わらないものではなく、発音がおかしくても意味や文法の方が重要です。中国にも日本と同じく地域によって発音は異なりますが、違う地方同士の方でも会話が成立します。発音ではなく言葉の意味が正しい方が重要なのです。ただしむちゃくちゃな発音では通じない事もあります。アクセントによって意味が変わる事もあるからです。発音は気にせず、アクセントだけは気に留めて学習していくと、より相手に伝わりやすくなるでしょう。発音が間違っていてもアクセントが正しければ、相手はわかってくれます。

Page Top